再生医療とリハビリテーション研究会

ご挨拶

代表理事

鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科
客員研究員(名誉教授)

川平 和美

この度、再生医療、リハビリテーション医学、ロボット工学、脳科学に関する科学の進展と知識の普及を図り、学術文化の発展に寄与することを目的とした「再生医療とリハビリテーション研究会」を設立することとなりました。

近年、治療が困難な疾患に対する新たな治療法として人工多能性幹細胞 (induced pluripotent stem cells: iPS細胞)、胚性幹細胞(embryonic stem cells: ES 細胞)、成人幹細胞(adult stem cells: AS細胞)等の幹細胞を用いた再生医療が期待されています。この動きは、世界中において研究レベルだけでなく、国家プロジェクトとして実施されており、我が国においても国会での再生医療推進法成立により実用化に向け加速しています。

リハビリテーションの主要な対象疾患である脳血管障害においても、骨髄由来細胞を使用した自己幹細胞移植で運動機能回復が促進される治験例が報告されています。細胞移植により一定の効果があることが示されていますが、その回復が十分でないケースも報告されております。細胞移植の効果を最大限に引き出すためには移植細胞とホスト細胞の機能的なネットワーク形成が不可欠であると考えられます。そこで幹細胞移植後に運動介入を行うことで細胞移植後のリハビリテーションの有用性について研究する必要性が出てきました。これは世界的にみて神経の再生医療だけでなく、心循環器系疾患や整形疾患にも当てはまるといえます。

再生医療が始まった時代のリハビリテーションは、既存のリハビリテーションとは異なることが考えられることからその研究、治療法の開発、その理念の啓蒙啓発の重要性を鑑み、研究会の設立を発足するに至りました。 本研究会設立の経緯をご理解の上、多くの再生医療、リハビリテーション医学、ロボット工学、脳科学の研究者、医療従事者、企業が参画されますことを希望致します。